【2019年 2月15日~17日】千葉市シニアサッカー 第一回マスターズ大会

千葉市シニアサッカー 第一回マスターズ大会  

2月15日から17日にかけて第一回マスターズ大会がフクダ電子アリーナを中心に隣接するスクエアとフィールドの4面を使い開催されました。 

今大会は、「NPO法人ACちば」さんが、多くのシニアサッカー愛好者が各県リーグ戦が始まる前の時期に他県チームとの試合を持つことでコンディション調整する、また、広く仲間との交流を持つ大会として開催されました。

 参加チームは関東圏内から 

O-70  9チーム 

O-65  7チーム 

O-60 11チーム

 計37チーム参加で開催されました.

 栃木大昭サッカークラブは、O-60に13名で参加しました。 

16日(土)12時からの開会式に間に合うよう、マイクロバスで会場フクダ電子アリーナへ出発です。

 会場に着くなり、J2ジェフユナイテッド千葉のスタジアムロッカーを使用させていただき、Jリーガーの気分に!!

 気分の盛り上がりもあり、初戦は「ACちば内広島チーム」と対戦。1対4で勝利しました。

1時間後に2試合目があり、「FOURWINDS茨城県高萩のチーム」と対戦。 0対2で勝利しました。

 初日2連勝で波に乗りました。(夜の部も波に乗りすぎ楽しすぎる宴会で盛り上がりました。) 

2日目は朝一番の試合であり、「地元ACちば」と対戦しました。 1対1 リードしながら後半追いつかれた試合でした。

1時間後の計4試合目は、「神奈川選抜」と対戦しました。2対1で逆転負けでした。 

成績はブロック2位でした。反省は前夜の盛り上がりの影響だと思っています。でも、チーム内外の親睦・交流は十二分に楽しめ、満足のいく2日間でした。